さよならの死

冷たく光る太陽のようだ

ビューティフルデイ

 

私が世界で一番大好きな人の誕生日である

赤西仁の誕生日である

 

好きになってから毎年毎年毎年毎年

プリンを買ってお祝いするのが私の中の流れになっていた。一つの赦しを得るための儀式みたいな。

 

今年もこの人の誕生日がきました、私もあと少しで年を一つ重ねます、もう少しだけこの人の輝きを見ていたい、欲張りたい、本当は生きて行きたいという気持ちを込めた儀式。食べられるプリンも重くてたまったもんじゃなかっただろうな

 

2016年のアルバムのリリイベと誕生日祝いを兼ねたイベントに出席してから、なんとなく一人じゃないと思ってホッとして、その儀式は翌年から取りやめになった。

 

祈っているのは私一人じゃない、赤西くんを好きなのは一人じゃない、大丈夫大丈夫。

 

いつも赤西くんが生まれてきてくれた意味を考える。

いつも赤西くんに生かされている意味を考える。

 

ちなみに今日のツイートでは赤西くんがビューティフルデイ!とつぶやいていて、自分が生を受けた日を、美しい日というなんて、と思ったら心が震えた

 

 

本当に美しい日です

あなたに出会えてよかった

 

 

宇多田ヒカル 『初恋』(Short Version) - YouTube

病むのダサいからやめたい

 

 

「病み」は死んだ

トレンドではないし病んでるって言えば気を引けると思ってんだろメンヘラぐらいの世の中

 

生きづらいなとは思う反面そりゃ病んでるより明るい方がいいに決まってんだろと思うこともある

 

自分の悲しみや苦しみや怒りとか負の感情ときちんと向き合えたら、それはそれでかっこいいと思うんだけどわざわざ病んでるなんていう言葉にしてこんなブログを書いてる私クッソダサいと思うことが多々ある

 

まあここ最近回復早くなってるけど引きずってる

 

こないだ体だけの関係の人と久しぶりに会った。連絡は取り合っていたけど最後に会ったのは去年の10月とかなので本当に何世紀ぶりだよ、というテンションで、結局飯食ってセックスしてだらだら喋ってその日は解散した

 

そういやこの人突然毒を吐く人だったなとか、ご飯割と好みがよくあったなあとか、元々痩せ痩せだったのでいい意味のつもりで前より太った?って聞いたら、もうアラサーだな…食べるものは変わってないよ…と無駄に凹ませてしまってアワアワしたりして、それを察しされて向こうにもアワアワされたりして、なんとなく面白くなってお互い笑って終わった。

 

その人のことを好きとかどうこうではなくてどうしてきちんと手順を踏んでお付き合いにまで発展させられないんだろうと思っていたら

 

翌々日ぐらいからめちゃめちゃ凹み始めた

 

 

手順を踏むことだけが全てではないと思うけど大多数の人ができていることができていないということがここにも響いてくる。

セフレいるんだよえっへんというブログではなくてもうまじでいつまでこんなことで悩んでるのか謎 とりあえず誘われたら寝るのをやめたらいいだけなのに

 

これはやっぱり私のある程度の弱さとかまあなんというかだらしなさというか

 

寂しいから、というのは絶対にある。根底にある。可愛いと言われたいちやほやされたいがんばってるねって言われたい。男性に。なんで男性と言い切るかはわからん。好きな人になのかもしれない。それを好きな人に言われないから多分男性に言われることですり替えてると思う。

だけどここ最近は面倒臭いも先に来ている。

誘われた時点でほら!今日もそうなると思ったよ!という感じだった。

 

そこで断られて関係性が終わるのも怖い、というとよくある話なんだけどそもそも体だけの関係なんだから終わったところで、その怖さや悲しみは私1人で乗り越えなくちゃいけないもののはずだ。

 

私の体を触らせてあげるから私の寂しさを助けてよなんてそんな馬鹿な話あるか

 

セフレから抜け出す方法とかセフレ沼から脱却とかセフレから彼女にとかいろんな本やブログに書いてあるけどそんなもんない。

 

そうやって抜け出すというか、関係性が彼氏彼女におさまれる人は本当に性生活を楽しんでいる人だけで私みたいに寂しさを理解してほしくて誰かの胸に潜り込んだりしてるうちは無理。

 

頭ではわかってる だけどやっぱり寂しいときに他人の胸を文字通りお借りして寂しさを紛らわせたりしているのでクソだな。

自虐とかじゃなくて「ああ〜!!!!!!くそ〜!!!!!!!わたし〜!!!!!!!しっかりせ〜え〜!!!!!!!!!」ってなる

 

まあ以前はこんなに寂しいのに!1人にするなよ!とキレていたのでまだマシかと思いたい

 

あーでもやっぱダサい。

付き合ってから寝る女になりたい。

そこから飽きられるようであればまた考える方がよっぽど前進すると思うんだけど。

 

 

 

汗かいて人間です

 

 

ここ最近「プライベートを優先する若者が増えた!」的なニュースをアホかよ的なことを言ってるツイートを見てそうだよアホだよなあと思った(マークパンサー的な)(的な)

休みの日まで特に理由がないのに出てこいとか働かせすぎだし働くことが偉いとか何の基準だよそれとかめっちゃ思う

 

だけど労働はしていたいと思う

 

以前職場のことをめちゃめちゃにかいてるのにまあ矛盾してるなと思うけど、どこかに属している、という期間が25歳を目前にして人生の半分ぐらいしか経験していないのでは?という感じなので、私は大きい小さい関係なく会社に所属して働いていたいと思う。

 

小中高専門学校と、全て肌に合わなかった。習い事もしなかったし、友達らしい友達も少なかった。

とにかく横のつながりがすごく苦手。多分みんなに合わせてできることをできないふりをしなければいけないとかそういうのがとにかく苦手なんだと思う。

 

高校生の時にアルバイトを始めてから「属している」「必要とされている」感がわかりやすいし、「これ教えたけどできる?やってみる?」と言われてできることは「できるのでやります!」と言っていいということも多分楽しかった一つだと思う。

 

 

不労所得でお金を得たいとか、家とかで働きたいとか、時短勤務で働きたいとか、できる限り寝てたいとか、働くのは好きだけど通勤時間が短いほうがいいとか。逆に通勤時間長くてもできる限り出社日数が少ない方がいいとか。みんな色々あると思う。

 

それと同じように会社に属することが安心、8時間勤務でメリハリがついているということも一つの働き方として、言える空気も維持できたらなあと思う。

 

 

 

 

たいしたことある

 

ここ最近、まめにブログを更新してるのは自分の頭の中があんまりにも忙しいから。

 

仕事がバタバタしてる上に売り場が異動になってからなんか絵に描いたようなクソババアと「なんとかちゃんがなんとかちゃんの悪口言ってたよー」とか言いふらす28歳男性店長の元で働いている。(ちなみに悪口は誰も一ミリも言ってない嘘)

 

3月に新人さんが入って来て5月にも新人さんがもう2人やって来た。なぜか店長は新人教育を丸投げ。教えるのは好きなんだけどさすがにほぼ同時期に3人、しかも覚えるペースも年齢もバックグラウンドも違う人間3人に歩幅を合わせてられなくなって、気づいたら電車の中で寝てるのに起きたら泣いていたり、電車で寝過ごすことがめちゃめちゃに増えた。あとストレスで五キロ痩せた。

 

さらに言えば元々自分の暴力的な性格が眠っていたのに起きて来てしまったさあ今日も人を殴り殺す妄想でもするか!みたいな感じになって来たのでさすがにヤバさを感じていつも感じたことを必死にここに吐き出している。なんか楽しい妄想とか読みたい人はごめんなさい。元気になったらシンデレラガールの2番を聞いてくださいっていう記事は書きたいんですよね。

 

そう、今日は自分の性格が暴力的な話をしたかった。仕事の愚痴、こんなに溜まってんのかよっていうぐらい文字数を使ってしまった。少しドン引きする。

とにもかくにも性格が暴力的なのである。感情的になるとそこが暴力につながる。喜んでも死にたくなるし悲しいとさらに死にたくなる。

 

こないだ自分の記事で「死んだあの子になりたい」と書いて初めて私の自殺は私のものではなく他人にどう思われるかで成り立ってるんだなと思った。本当に他人からすれば迷惑な話だな…と思ってから少し穏やかな気持ちになって、そういうのもあってコツコツブログを書いているという部分もある。

どんな占いでも三日坊主って言われるのに人間は不思議だな…。

 

私は全ての人間はスパナで殴ればいずれ死ぬと思ってるし、私自身が傷つけてしまった相手に殺されても仕方ないと思って生きている。昔本当に追い詰められて何もかもやばかった時に、駅で大騒ぎしてる私立の小学生にぶつかっていって「どけクソガキ!」と怒鳴ったことがある。私立ってところがいかにも私のクソ具合を表している。19歳の時だった。

 

明らかに頭がおかしかったし、正直謝れるなら謝りたいけどこんな暴力的な人間に会いたかないだろうと思うしそもそも謝りたいのも私のエゴなのでもうとにかく神に懺悔する思いでここに打ち明ける。あの時の小学生、本当にごめんなさい。

 

暴力性と向き合うようになったのはここ最近のことで、悪いことをしてなくても傷つけたら謝る、不快にしたことは謝らなければならないと思って生きて来たんだけど、どうも世間はそうではないらしい。

 

親に「もし自分の存在がうざいと言われたら謝るの?」と言われて、本当に本当に本当に困ってしまってから、誰かに虐げられてるのでは?と思って、そこからは頑張って向き合うようにしてる。(今ならなんでうざいって言われなきゃなんないの?と今なら思うけど、この質問を受けた時は返事ができなかった)

 

だから髪の毛も切った、男受けもやめた。仕事も店長においお前仕事しろよっていうようになった。あんまりにも聞き入れてもらえない時は営業マネージャーにこないだ注意したこと全然直ってなくて1人だと仕事に手が回りません助けて!って言えるようになった。

 

ここまでなるのに1ヶ月。短いか早いかはわからない。気づいてから1ヶ月なだけで、気づくまではがんじがらめだった。

 

いい気づきだと自分では思っているけど、たまに感情が溢れてしんどい。まあ蓋をしていた時よりは絶対に生きやすくなってるけど。

 

ここ最近の親の躾がとか、おとなしかったあの子がというあの電車の事件とか、なんとなく昔の自分を見ているようでしんどかったのでかいた。

 

危うく私は人を殺してたっておかしくなかったなあ。

めちゃくちゃなので終わる。おしまい。

ホームの酔っ払い

 

 

電車から降りたら「しっかりして〜」「名前なんていうの?大丈夫?立てる?」と大きめの声が聞こえて、声をかけられている主は明らかに泥酔しきった女の子だった。

 

大騒ぎして泣くわけではないが明らかに泣いていて、とにかく意識があるならこっちに、とベンチに移動させようとする人の手を振りほどいて地べたに頭を擦り付ける。

女の子2人が「大丈夫?誰かに電話しようか?」と多分その泣いている女の子の電話のロックをなぜかうまく解除しており、誰にかければいい?とひたすら聞いていた。

 

いやとりあえず誰か駅員さん呼んでないの?と改札口まで走る最中に、声をかける人になったことはないけどとにかく駅員さんを呼ぶ人間にはなったなあと思いながら改札口につながる階段を駆け上っていた。

 

 

駅員さんは話は早くて、ありがとうございます!との返事とともにすぐにホームに向かってくれたので、お願いしますと私も一礼をして、改札を出た。

 

駅のホームが外から丸見えのタイプの田舎の駅なんだけど、ホームには応援の駅員さんも登場していて、ああもう大丈夫だなと思った。

 

でも、何が大丈夫なのかよくわからなかった。

別にこれは私が誰かを助けた話をしたかったのではなくて、もし彼女が私のようにめちゃめちゃに死にたい人間で今日の飲み会でもう死ぬことを決心した知り合いと別れたとしたら?

 

 

あんなにいろんな人の手を振り回して振りほどいて泣いていたのである。

 

いや。きっとただ泣く癖のある女の子なだけだ。でも、でもでもなんていうかもう考えるよな〜〜〜〜〜〜〜〜と自転車をこぎながら帰った。

 

こんなに死にたいのに、人が生命の危機にさらされるとどうにかしなきゃと思う。ほっといたら誰かが助けてくれるだろうが昔から苦手である。

 

正義感が強い責任感が強い、基本的には褒め言葉だけどたまにバカにされて私に突き刺さることもたくさんあった。

 

彼女がただ本当に飲み方を間違えただけだといいな。今日はゆっくり病院のベッドで休んで、明日ぐらいインスタのストーリーに「やらかした(涙)」みたいな投稿をしていてほしいな

 

 

めちゃめちゃ勝手だけど、いきていてほしいなあと思ってしまった

 

よっぱらいの文章終わり

 

 

理解はいいから認められたい

 

 

大人になってからの方が漠然とした寂しさが突然襲ってくることが増えた

 

1人で生きていけるのか、年金はもらえるのか貯金はあるか結婚できるのかとか、そんなライフステージの大層な話ではない。

 

昨日は小銭が足りないから千円札を崩してしまったこと

 

ここ半年は、自分の好きになった人がどえらいクズで、それでも好きになってしまって、好きでいることをまだ続けているという選択肢の話を誰にも言えないこと

 

ここ1ヶ月ぐらいは、お金は稼いでるのにアルバイト雇用だからなぜかフリーターと呼ばれること(税金も年金も保険料も全てちゃんと納めてるのにね)

 

朝起きるのが早くなってしまったこと、もう十代の時みたいに気づいたら夜!?みたいな新鮮な驚きがないこと

 

目の下にほくろではなく明らかにシミのようなものが鎮座していること

 

疲れた時の毛穴の開き具合がすごいこと

 

ただでさえ弱いのに、お酒を飲むと次の日本当に起きられないこと

 

家族の愛みたいな話にどんどん弱くなって行くこと

 

親に言うことがそっくりなこと

 

年をとるのが嫌なのではなくて、どうやっても若いまま死ねないこと

 

肉体は年を取る。こればっかりは仕方ない。生きてる限りわたしの体は細胞分裂をひたすら繰り返して、その細胞全てが分裂をやめた時に人は死ぬ。生物学的にはそう。

 

だから無理にでも終わらせたい

 

自然に抗いたい。自然に生きてると悲しみが積もるからそれから早く離れたい。一刻も早く身軽になりたい。

 

死にたい人はそれだけ辛いとかそんな話じゃない。わたしはわたしの幼すぎる精神には不釣り合いすぎる、出来上がった肉体を手放したい。

 

本当に生きて行くのがここ最近疲れた。

 

1人でどうやってここまで駆け上がって来たんだろう。

死にたいやつメンヘラは人に頼りきりの甘えただ!みたいなツイートを見るたびにうるせえなあと思う。

 

仕事でも友人関係でも「なんでも話せる」「なんでも聞ける」になってしまって甘えられないからSNSの中だけでは大声で死にたいと喚き散らしてるんだよ それが甘えたで自分の機嫌なんだから自分でとりなさい、と言われたらもうどうしていいかわからない。

 

わたしに頼ってくる全ての人間にそれを言ってからわたしにその言葉を投げつけて欲しい。

 

足元はグラグラで、本当にもうダメかもしれないと思いながら毎日生きている。でも死にたいと言う人間が嫌いな奴はこのブログすらイライラするんだろうな。わかる、わたしだってこんな自分大嫌いだ。だから早く死にたい。死を確実に自分のものとして手に入れたい。勝手に死にたくない。自己完結したい。

 

それでもまだ税金とか仕事とか、夏にあるコンサートに縛られて肉体を手放せないでいる。

 

 

ダイエット

 

髪の毛切ったら突然自分への自信を取り戻して、私のことブスって言ったやつも非モテって言ったやつもデブって言ったやつも全員たひねぐらいの気持ちで生きている。

 

仕事場で「そんなに痩せてるの羨ましい〜なんで?」って言われて私のやってること言ってやりたいけどダラダラいうのもクソだるいからここに書き殴る。なんでじゃねーよ努力してんだよ。

 

外に出て喉乾いたらお茶か水

→同じ120円ならコーラを選ぶからその糖分が蓄積されてしまう。あとこれからの時期普通に寒いな?と感じたらあったかいお茶飲んでいいよ。

 

お腹が減ったらお菓子より惣菜パン、パンより油分の少ないおにぎり

→食べることが悪いのではなくて組み合わせ。糖分と油分、しかも甘味料ではなくて米のみならまだマシ まあコンビニなら似たり寄ったりだけど。カロリーだけで見るな 体を冷やすな

 

湯船に浸かる

→体を冷やすな

 

適度な睡眠

→寝てる間にも体はエネルギーを使うしその間に消化やらなんやら頑張ってくれたりもするらしい 寝ろ

 

ご飯は必要な分だけたべる

→めちゃめちゃ動くけど一日だいたい2食

仕事柄朝昼晩しっかりは食べれない。というか朝食べたら仕事中寝る。ギリギリまで寝てるから消化のリズムと間に合わない。ようは生活リズムに合わせた食事をしてたら無駄に脂肪がついたり無駄に痩せすぎたりもしない。炭水化物も食べるし朝もお腹減ってたら食べる日はある。

 

お菓子は控える

→当たり前

 

浮腫むなら筋力をつける

→浮腫みの原因は体内の水分が適切に運ばれないから。適切に運ぶには筋肉が必要。立ちっぱなし歩きっぱなしの時にむくんでしまうのは下半身の筋肉が弱いから。ふくらはぎと太ももの筋肉と仲良くしよう

 

自分の体を知る

→ダイエット本は大概デスクワークを基本として書かれてるけどみんな座りっぱなしで仕事してんの?みんな学生なの?みんな帰りにマクドナルドのある通学路でみんなコンビニのある通勤路なの?一人暮らしなの?家族と住んでるの?自分の生活とご飯のバランスをきちんと見極めましょうね。

 

ダイエット本を鵜呑みにしない

→上記のことも含めてだけどみんなが同じ生活してるわけじゃないし体質もあるし夜型朝型だって関係あるんだから必要な情報は見極めましょう

 

美容垢はだいたいやばい

→塩水ダイエットなんか急激な高血圧で死ぬしご飯抜いてお水だけ飲むダイエットも血中内の塩分濃度が薄まって貧血で死ぬ

そんなのに頼るということはたいした栄養もとってないんだろ。自傷行為も甚だしいわ、生きるために痩せろ

 

酒はクソ

→お酒飲んでたらアルコールの分解に必死になるから栄養素の分解まで体が回らないことぐらいわかってくれよ

 

スタバは友達と飲むときだけ

→わしはこれプラス毎年絶対飲みたくなる春の桜とイチゴ、あと冬のクリスマスシーズンとバレンタインのやつだけにしたら体脂肪率が2%減った

 

飯は1人で食うな

→楽なものばかりになって炭水化物摂りすぎるから。

インスタ映えするご飯栄養も考えられてたり意外と野菜とれたりするからインスタ映えダイエットはオススメかも

 

痩せたい理由を知る

→あなたが痩せたいのは平均より体重が重いから?

好きな服を着たいから?

痩せて可愛くなりたいから?

 

なんとなく痩せたら普段より良くなることはない。痩せ続ける、痩せた状態を維持して初めて成功です。

 

ダイエットって今までの自分にNOを下して新しい自分を手に入れることだと思うので、だからみんな面倒になったら辛くなったり苦しくなったりすると思うんですよね。たまーにテレビ見てると昔太ってた人がここまで〜みたいなビフォーアフターやってるけどあれはひたすら今までの自分にNOを突きつけ続けた結果なので、やろうと思ってできることじゃない。本当にすごいと思う。

特に元から太ってる人は脂肪細胞が縮まることを知らない状態なので、体に「実はこのサイズ適切じゃないっぽい!」を教えるところからスタートする。ちなみに細胞はすぐにでかくなるのでリバウンドも普通体型の人より気にしなくちゃいけない。

 

 

別に私痩せてるからって何もしてないわけじゃない。 毎日体重計に乗るし毎日今度飲み会があるからコンサートがあるからご飯普段より多く食べるだろうな、コンサートの時に遠征するから飲むだろうなとか考えてるよ。

 

ファスティングしたら?とか言われたことあるけど仕事に支障きたすから絶対にしない。たまに頭冴えますよ!って言ってくるやついるけどそれはデスクワークとか、集中する仕事の人にきくだけ。私みたいな体力仕事瞬発力の必要とされる仕事で炭水化物、ようは即エネルギーに変わるものがないと毎日300人のお客様に笑顔は作れません。でもどこまで取ると摂りすぎて眠くなるかもわかってるからそのラインを超えないようにする。それだけ。

 

ダイエットって頭使うやろ。勝手にご飯抜いただけで体重なんか減らねーんだよ 未だに努力し続けてんだよ

 

はー、明日もまたムカつく奴と一緒だけど仕事頑張るわ。そんで拭き掃除しながら腕の筋肉でも鍛えるか

 

おやすみ