読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならの死

冷たく光る太陽のようだ

audiofashion考察前編(ネタバレ有)

 

!!!!!attention!!!!!

この記事は、ただいま開催中の

JIN AKANISHI LIVE TOUR 2016 ~Audio Fashion~」のネタバレを含みます。

映像、演出、曲順を見て、感じ取ったことをつらつら書いていきます~

 

 

 

 

 

 

 

OP映像

8月?公演から大幅に変更があったが、いまだに謎に包まれる映像

 

子宮の胎児のようなあかにしくん。

 

脳みそ(?)の被り物をしたこころさん→脳みそ、思考回路。空の上。

食事をしている(?)はるなさん→外からの栄養の摂取。普通に食事?どこかの中

円盤を回すアレックスさん→この円盤が後の映像の赤西くんの考える力を邪魔しているように見える。他者からの評価?これもどこかの中。

あやつるビビアンさんに操られるひかるくん→ひかるくんは赤西くんの分身?ビビアンさんが操っているので熱い砂漠で歩けていないのも気になる…。外だけど地上。

光る虫?のようなものを掴んで口に含むすみれさん→地上から伸びる岩壁のようなところにいる。地上の砂漠も見えるし空も見える。

 

こころさん、はるなさん、すみれさんは顔があまり見えないおそろいチックな衣装

操る?側のビビアンさんとアレックスさんもおそろいのような衣装。

ひとり衣装がスチームパンク風で酸素ボンベのようなものを背負っているひかるくん。

 

自身の自由な脳内と操られて動けなくなりそうな肉体を分解して表している?

 

次のシーンではぼろ雑巾のような服を着てうつむく仁君と、ぼろ雑巾のような服は着ているが前を見ている仁君。うつむき暗い空気を醸し出す仁君はどこかに連れていかれ、す耳元で回っていた円盤を外される。(アレックス君が操っていたもの)

この間中全裸ですが、円盤を外され、ステージへ上がる時は服を着て前を見ている仁君に代わっているため、スイッチを切り替えている?一人の中の二面性の話?

 

Only Human~From Her Mama

心と体の形成の流れに聞こえる。

Only Humanの

You are mine,you are my heart

(君は俺のもの 君は俺の心)

という歌詞や、ステージのプロジェクションマッピング(以下PM)上で粒子が再構成されているところや、

From Her Mamaは曲単体で聞くと、付き合っている?口説いている?女の子がセクシーだと曲に聞こえるが、ライブではPM上では外壁が壊されたり構築されたりを繰り返している。

 

Eat Ya Heart Out

遠い席に入って気づいたんですが、PMがバイクのエンジン、速度計になっている(車のエンジンにしてはモーターが小ぶりなため)

形成された心と体にガソリンを注いでいる?ビビアンさんがつながれたまま箱の中から出てきて手を伸ばしますが、届かない≒もう操られない?

 

Can't Get Enough

四つ打ちのとあるタイミングでビカーッと光るライト、音楽を奏でている後ろのPMの影の仁君が檻のような影に背を背けているように見える。命を吹き込まれている…?

最後の隅っこでのダンスですが、服や帽子を脱ぎ、神に祈るような流れ。

ここで中身(精神、思考回路)の伴った「生」を受けるように見える

 

We The Fire

ここからは生を受けた仁君がはしゃいでるように見えます。うしろの映像の花が長く黒い生き物と鮮やかで人間の形をした種族?まるで対になっている。ダンスとかも男女分かれることが多いのがカッコイイ(突然の感想)

 

Dayum

Dayumはセクシーパーリナイ楽曲だと思っていたんですが

前曲のWe The Fireの冒頭の

Tonight the problem is that you ain’t gonna stay

(今晩問題なのはずっとお前がここにいられないこと)

という歌詞と、Dayumの

if you wanna ride hands up I'll be here

(旅に行く準備はできてる? 俺はここにいるよ)

をつなげると、「ここ」の抽象的な感じが気になります。

まだどこかへ行く決定権を持ち合わせていない…?と勘ぐっています。

 

Pinnochio

セトリ的になぜここでピノキオ?と思っていたんですが、前の曲二つの歌詞を一度読み直すと、本当にどこかへ行きたい、操られたくない、という気持ちが伝わってくる。

あとふさぎ込んでしゃがみこんじゃうじんちゃんに伸びる階段(後ろのPM映像)は平坦なものではないけど、確実に上に上がっている階段です。


The Fifth Season

The Fifth Season - 赤西仁 - 歌詞 : 歌ネット

和訳してくださってるサイトがありました。http://aword.yanopic.com/?p=713

これまでの流れだと、生を受けたじんちゃんの別れの曲に聞こえる…ツラ(実際は知らん)

あとダンサーさんが魅力的で、男女すれ違っているところは胸に迫る部分があります。

 

Summer Kinda Love、SUMMER LOVING、Good Time、HEY WHAT'S UP?

MCに入るための切り替え夏メドレーだと思っています。

サマラビのじんちゃんかわいい。

 

長くなりそうなので一度ここで切ります!

 

 9/5 後半戦書きました。

sayonarano4.hatenablog.com