読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならの死

冷たく光る太陽のようだ

チケット代金


ジャニヲタの中で「積む」という用語がある。

積む。何を?お金をです。
簡単に言うと「チケットを定価以上で買ってコンサートを見ますよ」ということ。

積む人のお友達募集中的なツイートやプロフィール欄には「価値観の合う人」というあやふやな言葉でごまかされているので、近寄らないように気をつけている。

この積む派の人には、一枚定価8000円ほどのチケットに10万円出して、自分の好きな人(=自担)に見つかるために、ファンサをもらうために必死な人もいれば、
応募したのは全滅して、どうしても行きたい公演が天井席(≒お星様席、天空席)でも定価以上になってしまったため、渋々定価8000円ほどから少しプラスした値段で入る人もいる。

後者はまだ「チケット取れなくて…」という気持ちがわかるけど、前者は全く理解ができない。話はそれるけどそもそもお前の顔面は美しい顔面のジャニーズの方々にお見せできる顔なんか。あなたが見えるということは向こうからも見えるということやぞ。ちなみにこないだアリーナであくびしてるやつ見たからな。せめて手をあててほしい。

関ジャニ∞KAT-TUNが好きだった4〜5年前は「わたしに関わってこなければどーぞご勝手に。」という感じだった。理解を示す示さないじゃなくてはいどうぞご勝手に。という感じ。

そもそもそういうことをする子はすごくわかりやすくて、ブログのデザインや記事の書き方が似たり寄ったりで、
チケットの取引なんかは、オークションでつかんだチケットが詐欺だとか。ジャニーズ専用の定価以上の取引専用の掲示板があるんだけど、そこでは譲った側がチケットを持って行かれてしまったり。
お金を払われる側も払う側も、それなりにリスクがあるし、こそこそしていた。隠れていたのだ。

こちら側から探そうとしたり、関わろうと思わない限りは目につかなかった。

でも、ツイッター全盛期になって。時代が変わるのはいいことなんだけど。

目につきすぎる。やめてくれ。

フォロワーがRTしたチケット関連のツイートに
【金額:席によっては定価以上出します】
みたいなのがふつうに書いてある。
そのフォロワーはごく自然にリツイートして、きわめつけは「大事なお友達が自担の舞台のチケットを探しています
何が大事だよ。死ねよ。と思う。本気で心の底から憎悪が湧き上がってきてどうしようもなくなる。

絶対にリツイートしないでおこうと思うし、本気で死んでくれと思うし、このツイートをRTした子がいくらわたしに尻尾を振ってくれて何回も大好きとか女子同士の友情(笑)みたいな言葉を並べられてもわたしはその子と所謂「価値観」が合わない人間なので、フォローフォロワーの関係でいる必要性はないなあと思う。

一応目についてもその人自身が問題がないように「取引垢」みたいなのを持ってる人もいたりするけど、行きたい公演名と公演場所を入れれば定価で探してるのに普通にそのやりとりが目に入るからこっちとしては全然良くない。なんならフォロワーの取引垢見つけてドン引きした。本気で死ねばいいのにって思ってる。何回も書いてるけど、本当に死ねばいいのにって思ってる。

1.2年前ツイッターで、「老人増えすぎて保険料も年金も上がって困ってますどうしたらいい?」という質問に対して子どもが「殺す」という超絶パンクな回答をしたのが話題になったけど、あれに近いものがある。
定価以上主義のをぶっ殺して数を減らしたら目につく数も減るかなという気持ち。

そんで、渋谷すばるくんのソロコン、嵐のアリーナツアーで導入された顔認証に対して「行けなくなったらどうすんだよ!嫌だ!」と言う人。もうそれはむっちゃわかる。行けなくなったら本当にどうすんの、ってむっちゃ思った。

ただ、そんな人の中にもやはり定価以上で取引してるひとはいて「チケット売れなくなるから厄介」「多ステ無理じゃん」とかいうツイートもちらほら見た。なんならチケットキャンプでは顔の特徴が書かれてチケットが売られているらしくて、もうなんていうか馬鹿なのかな…って本気で思う。
顔認証は嫌だけど、定価以上のやり取りをやめるという選択肢はその人たちには全くなくて、ジャニヲタみたいにわかりやすく「矛盾」という言葉の見本を見せてくれるヲタクも少ないと思う。
なんで顔認証かって、そういう取引がありすぎて困ってるからだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

会いたい気持ちは大きさが違えど、みんな会いたいのは一緒で、文句を言うならこんなブログで「死ねばいい」と暴言を吐いてる暇があるなら私自身も事務所に抗議したらいいと思う。

ただ、丸山くんの舞台やKAT-TUNの充電前のコンサートでのチケット関連のツイートで、あまりにも目につきすぎてるので、ちょっとした愚痴です。

汚い言葉ばかりで失礼いたしました。